2006年05月11日

464が逮捕です。

昨年から話題になっていた464ですが

ついに逮捕です・・・「無料でマンガが5万冊読める」という触れ込みで、

昨年後半に話題となったサイト「464.jp」。

「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「スラムダンク」

「DEATH NOTE」「ワンピース」「NANA」「MONSTER」

などの人気作品がズラリと並び、あたかもマンガ喫茶に

いるかのような感覚で、自宅に居ながらにしてマンガが

読めるという前代未聞のサイトにネットは騒然としていました。

「464.jp」の存在は瞬く間に知られることとなり、

一時はサーバが落ちるなどの盛況ぶりを見せたほど。

しかしながら、「464.jp」で公開されているのはどう見ても

マンガをスキャナーで読み込んで公開しているだけの代物。

これまでもヤフーなどのポータルサイトでマンガが配信されて

いるが、「464.jp」は特に著作権者と交渉するわけでもなく、

勝手にスキャンして公開しているのが大胆にして斬新でした(笑)。

合法的に公開されていないのは誰の目にも明らかで、

著作権者や出版社の逆鱗に触れて潰されるのは時間の問題

だと見られていた。

グレー……どころか真っ黒なサービスながらも、

サービスを継続していた「464.jp」だったが、

1月25日に「464.jp」のトップページに「お詫び」

と書かれた文章が公開され、マンガの配信を停止したことが

発表された。

その理由は

「出版社および漫画家の先生方々より配信停止要請をいただき

当サイトも著作権契約をしておりませんでしたので

上記の各方面にご迷惑をおかけしました」。

具体的には講談社、集英社、小学館などの出版社や、

秋本治、藤沢とおる、あだち充、高橋留美子、しげの秀一、

井上雅彦、浦沢直樹などのマンガ家たちからクレームが

入ったためだというなり。まあ当然の結果ですね。




そして、2月14日。ついに「464.jp」を運営していた

村元寅次容疑者ら3人が著作権法違反(公衆送信権など)

の疑いで逮捕された。

コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)によると、

インターネットでのマンガ配信が著作権法違反容疑で

摘発されたのは全国で初めてのケースだという。

朝日新聞によると、取調べに対して村元容疑者は

「漫画喫茶の宣伝のために、1,2ページずつ公開したが、

どうせ著作権法にひっかかるのならば全部公開しようと思った。

後で著作権料を払えばいいと思っていた」と供述しているのだとか。

1,2ページで止めておけば、こんな大ごとには

ならなかっただろうに……。思い切りが良いというか、何というか。

村元容疑者ほど大胆な公開方法ではなくとも、

ちょっとした出来心でマンガの一部をスキャンして公開している人

はたくさんいるなりよね。いずれも著作権に触れる行為なので、

心当たりのある人はお気をつけください。

まぁでた当初からいつ捕まるんだろうと思ってはいましたが

一般の僕らからしてみればただでマンガが読めるわけだから

いいこと尽くしだったわけでこのような考え方の持ち主ばっかりで

あったならなかなか逮捕されなかったのではないかと思われます。

何にしても違法はだめですよね^^


posted by あっちゃん at 16:15| 京都 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ダイエット | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。